グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2008年02月19日

庭の福寿草

日中、暖かな日差しに春がもうすぐと教えてくれます。
  


Posted by momiji  at 10:54Comments(0)

2008年02月15日

腹八分目

冬のこの時期
朝ごはんは控えめに
満腹に食べたら
胃は消化で大忙し
身体中の血液が集中します
冬は身体が冷えてます
冷えた手足など
抹消の血管に血液が行きづらくなります。
身体を温める食事は、
根菜類のお味噌汁と温かい控えめな
食事です。
ぜひ試してください。

  


Posted by momiji  at 23:00Comments(0)日常

2008年02月14日

好転反応

よく東洋医学の中に「好転反応」という言葉を聞きます。

 慢性疾患の方が、自然治癒力によって
 自分の健康を取り戻す過程で
 体にさまざまな症状が現れるといわれてます。

 たとえば、漢方薬を飲み始めたとき、皮膚に湿疹が現れることがあります。
 これは、体のなかに溜まっていた毒素が皮膚に出てきたために起こる湿疹です。

 また、下痢をすることもあります。これも毒素の排泄の過程で起こります。

 経絡の施術を受けた時も気功を受けたときもあります。

 体の痛みを感じたり、倦怠感を感じたりすることもあります。
 これは慢性病で鈍っていた神経が活性化したためです。

 一時的に強く出て不安になることもありますが
 このことを知っているとあわてずにすみます。

 いずれも日にちが経つにつれて治まるものです。
 このような体の反応を、好転反応といいます。

 好転反応には、つぎのようなものがあります。

 弛緩反応……軽い頭痛、だるさ、怠い、眠いなどの倦怠感として感じられます。
 過敏反応……便秘、下痢、発汗、腫れ、痛み、こむら返しなどとなって現れます。
 回復反応……胃痛、腹痛、吐き気、発熱、動悸などとなって現れます。
 排泄反応……湿疹、かゆみ、目やに、吹き出物、大量の便などです。

  


Posted by momiji  at 23:00Comments(0)統合医療

2008年02月13日

食育

立春ですねぇ~、しかし寒さは一番厳しい季節です。

食べる事が大好きな私の得意なお話を聞いてください。

陰陽の食べ物です

陰陽については、奥深いのですが、

簡単に陰は冷やす、陽は暖めると考えてください。

土の中で育つ根菜は土の中の養分を吸収し、

身体にいいミネラルがたっぷり含まれています。

ミネラルは私たちの体内でたんぱく質をエネルギーに

変えてくれる働きをしてくれるといわれてます。

冬はダイコン、ニンジン、ゴボウ、カブなど

気温が低く太陽の光も弱くなるこの季節

これらの野菜を食べると身体の中から温まります。

そして火を通す事によりエネルギーが入ります。

太陽の光は浴びて育つ野菜、

または地上で葉に光を受ける野菜は

水分を多く含み利尿作用があります。

体温の温かい水分を排泄する働きがあるといわれてます。

夏に取れるレタス、キュウリ、トマト、ナス、果物は

夏、熱がこもりやすい私たちの身体を冷やしてくれます。

しかし、冬取れる、野菜で調理の仕方で変わるものもあります、

その代表的な白菜です、そのまま食べると、冷えますが

塩に力を借りると陰を陽に変える働きがあります、

熱を加えると、陽になり温める作用に変わります。

鍋物は白菜を入れてたべますね、

味も美味しいですが、とっても温まります。

日本で暮らす日本の野菜、果物が日本人の身体に一番あってます。

外国の暖かい地方では、身体を冷やす、野菜、果物が取れます。

旬の野菜が私たちの身体に一番いいのはそんなわけです。

というわけで、最近の私は冬野菜をたっぷり入れて、

圧力鍋を使い毎日鍋三昧、ホントは手抜きですが.face02  


Posted by momiji  at 23:00Comments(0)統合医療

2008年02月12日

チーム森田の天気予報です

皆さんご注意です!!

明日はとても寒いそうです。以下はお天気のニュースからお借りしました。

〔今夜からこの冬一番クラスの強い寒気が日本列島に流れ込んできます。

そして今回の注目は、下層といわれる約1500メートル付近の寒気の強さ。

地上の気温と密接な関係があり、この寒気が強ければ、
ほぼイコールで地上の気温もかなり低くなるものです。

明日(13日)朝9時の予想では、-12℃のラインが関東の南岸まで下がる予想。

これ位の気温は、今の札幌の平年値にほぼ匹敵し、
関東南岸まで下がるのは、そうあることではありません。

茨城県館野のこの冬の低温記録は1月27日9時の-10.6℃。
これを下回るのはほぼ間違いないと思われます。

過去における館野の低温記録(9時)は、-13.7℃(06年と86年の2月4日)。
-13℃を下回ると記録的と呼べるレベルです。

どこまで下がるか?ちょっと注目したいと思います。

さて、こんな寒気が南まで氾濫するという事は、下層で北風が吹き荒れると言うこと。

明日は、暴風や高波に警戒!
更に山陰や北陸の平地ではこの冬一番の積雪になる所もあるでしょう。〕

という事で明日はとっても寒いそうです。face10
  


Posted by momiji  at 20:52Comments(0)日常