グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2008年02月13日

食育

立春ですねぇ~、しかし寒さは一番厳しい季節です。

食べる事が大好きな私の得意なお話を聞いてください。

陰陽の食べ物です

陰陽については、奥深いのですが、

簡単に陰は冷やす、陽は暖めると考えてください。

土の中で育つ根菜は土の中の養分を吸収し、

身体にいいミネラルがたっぷり含まれています。

ミネラルは私たちの体内でたんぱく質をエネルギーに

変えてくれる働きをしてくれるといわれてます。

冬はダイコン、ニンジン、ゴボウ、カブなど

気温が低く太陽の光も弱くなるこの季節

これらの野菜を食べると身体の中から温まります。

そして火を通す事によりエネルギーが入ります。

太陽の光は浴びて育つ野菜、

または地上で葉に光を受ける野菜は

水分を多く含み利尿作用があります。

体温の温かい水分を排泄する働きがあるといわれてます。

夏に取れるレタス、キュウリ、トマト、ナス、果物は

夏、熱がこもりやすい私たちの身体を冷やしてくれます。

しかし、冬取れる、野菜で調理の仕方で変わるものもあります、

その代表的な白菜です、そのまま食べると、冷えますが

塩に力を借りると陰を陽に変える働きがあります、

熱を加えると、陽になり温める作用に変わります。

鍋物は白菜を入れてたべますね、

味も美味しいですが、とっても温まります。

日本で暮らす日本の野菜、果物が日本人の身体に一番あってます。

外国の暖かい地方では、身体を冷やす、野菜、果物が取れます。

旬の野菜が私たちの身体に一番いいのはそんなわけです。

というわけで、最近の私は冬野菜をたっぷり入れて、

圧力鍋を使い毎日鍋三昧、ホントは手抜きですが.face02  


Posted by momiji  at 23:00Comments(0)統合医療