グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2008年01月02日

最後をどう迎えるか?


 私の大好きだったお坊さん(亡くなって数年が経ちます)の事と新潟大学のアボトオル先生のお話です
 
 栄養と身体の関係です、栄養をたくさんとった人の死に方は苦しいそうです。(アボ先生の話です)
 
 さらにその人たちは毒(有害化学物質、有害重金属)もたくさん取っていると私は思います。

 過剰な栄養は消化できません、毒も解毒できません。

 お坊さんは死期がせまると食を断ちます、苦しみもせず、あいさつして死ぬそうです。(アボ先生の話です) 

 その話を聞いて、数年前に亡くなった大好きだったお坊さんの事を思い出しました
 
 死期がせまった時、水だけしばらく飲んでいたそうです。
 
 こころも身体もきれいにして逝ったのですね。

 生前、物心付いてからたくさんの教えをいただきました
 
 カラオケ、お酒もいけるお坊さんでしたが

 これが最大で最後の教えです
 
 人間の身体は自然の摂理です。アボ先生にも感謝です。
  
 
 追伸、
 
 ある講義での話しもついでにします
 
 自分の最後の場面でどんなシーンを思い浮かべますか?

 周りに誰がいますか?

 その人たちは自分に向かってどんな事を言ってますか?
 


 

   


Posted by momiji  at 22:00Comments(0)統合医療